きっかけは、革を余さず使いたいという想いでした。

革を型で抜いた後に残る、グラブにならない端材は通常そのまま処分されます。それを革小物などに加工を
しているうち、トレーニング用グラブへ再利用するアイデアが生まれました。
トレーニング用グラブは捕球の訓練をするための小さめのグラブ。
多様な色の革を組み合わせてできる、
カラフルかつ一点もののトレーニング
グラブは、隠れた人気商品です。

< Back